最上級とは?基本から応用まで丁寧に徹底解説!【英語例文あり】

最上級とは?基本から応用まで丁寧に徹底解説!【英語例文あり】

英語の比較表現は、受験生を悩ませる厄介な文法の一つです。

今回の記事では、そんな比較表現の中から、「最上級」の文法を基本から応用まで徹底解説します。

この記事を読むことによって、「最上級」の文法を完璧に理解出来るはずです。

比較表現は、長文読解はもちろん、リスニングや英作文でも必須な文法ですので、是非マスターして下さい。

最上級とは

「最上級」とは、簡単に言うと(ある一定の範囲の中で)一番であることを表現する文法です。

この「ある一定の範囲」というのは、「世界中で」であったり「3人の中で」であったりと、文によって変わります。

「一番」ということには変わりはありませんが、範囲を限定して表す場合が多いので、英文からしっかりと読み取りましょう。

最上級の基本的なルール

最上級の基本形

最上級の基本形は、以下のようになります。

主語  +  be動詞  +  the 最上級  +(in or of )+(比較対象などを表す名詞)

この基本形の中で、以下の2点が間違いやすいポイントになります。

  • 最上級の形に注意!
  • inとofの使い分けに注意!

それぞれのポイントについて、解説していきます。

最上級は、語尾に『est』をつける or 直前に『the most』を置く!

最上級では、形容詞もしくは副詞を最上級の形に変化させて使用します。

まず、短い形容詞や副詞では、語尾に『est』をつけます。

long ⇨ (the) longest 

small ⇨ (the) smallest

長めの形容詞や副詞では、直前に『the most』を置き、形容詞や副詞は変化しません。

careful ⇨ the most careful

difficult ⇨ the most difficult

短い、長いと言われても判断しずらいかもしれません。実際にはもう少し詳しい規則もありますが、とてもわかりにくいため、「短い形容詞・副詞には -est をつける」、「長い形容詞・副詞には the most をつける」と覚えてしまって下さい。

あとは、単語を暗記する時や長文読解や英作文で出てきた時に覚えていきましょう。

また、この2つのルールとは別に、不規則に変化する単語も存在します。

不規則変化する単語は、数が少ないため、そのまま覚えてしまいましょう。

【不規則変化する単語一覧】

good(良い)⇨ best
well(上手に)⇨ best

bad(悪い)⇨ worst
ill(病気の)⇨ worst

many(たくさんの)⇨ most
much(たくさんの)⇨ most

little(少ない)⇨ least

late([時間が]遅い)⇨ latest
late([順番が]遅い)⇨ last

far([距離が]遠い)⇨ farthest
far([程度が]長い)⇨ furthest

inとofの使い分けは?

inとofの使い分けは、次のように考えると簡単に理解できます。

  • ある特定の人数を表す場合には、「of」を使う
  • 場所や範囲の中に含まれている場合には、「in」を使う

ある特定の人数を表す場合とは、例えば「3人の生徒の中で」⇨ of three students となります。

一方、場所や範囲の中に含まれている場合とは、例えば「世界中で」⇨ in the world となります。

前置詞の使い分けは、英語独特のニュアンスを読み取ることが必要になるため、受験生にとっては非常に厄介です。

そのため、それぞれの前置詞の意味と使いわけのポイントを1つずつ抑えていくことが大切です。

なんでtheがつくの?

なんで最上級のときには『the』がつくのだろう?と疑問に思っている人もいると思います。

これは『the』の使い方を押さえることで、理解できるようになります。

『the』は、簡単にいうと「世界に1つしかないもの」「特定されるもの」を表す時に使います。

例えば、地球は「the earth」、その鉛筆は「the pencil」となります。

地球は世界に一つしかありませんから『the』をつけます。

また、鉛筆自体はたくさんありますが、その鉛筆と特定した場合は、世界に1本しかありませんよね。

この考え方を、最上級に当てはめてみましょう。

最上級は、比較対象の中で『一番』を表す文法です。

一番のものは基本的に1つしかありませんから、完全に特定されますよね。

そのため、『the』がつくと理解しておいてください。

最上級でも『the』を省略できる場合があるの?

確かに、最上級でも『the』を省略できる場合があります。

例えば、「副詞」の最上級では『the』を省略することが出来ます。

この他にもルールがありますが、とてもややこしく、混乱の原因となりかねません。

そのため、受験勉強では、最上級の場合は必ず『the』をつけると覚えてしまいましょう。

最上級を使わない書き換え表現

最上級を、別の比較表現(原級や比較級)を用いて表す方法も、受験英語ではよく出題されます。

しっかりとマスターしておきましょう。

原級を用いた表現

原級を用いた表現を紹介します。

さっそく例文を見ていきましょう。

【最上級】
Money is the most important thing in my life.
(私の人生において、お金は最も大切なものだ。)

【原級を用いた表現】
Nothing in my life is as important as money.
(私の人生において、お金と同じくらい大切なものはない。)

最上級を原級を用いて表すポイントは、『Nothing』を使って文全体を否定することです。

原級を『Nothing』を使って否定することで、「同じくらい~なものはない」(=「最も~だ」)と最上級と同じ意味を表現することが出来ます。

比較級を用いた表現

比較級を用いて最上級を表す場合は、『nothing』もしくは『anything』を使います。

例文を見ていきましょう。

【最上級】
Money is the most important thing in my life.
(私の人生において、お金は最も大切なものだ。)

【比較級を用いた表現 Nothing型】
Nothing in my life is more important than money.
(私の人生において、お金よりも大切なものはない。)

【比較級を用いた表現 Anything型】
Money is more important thananything else in my life.
(私の人生において、お金は他の何よりも大切だ。)

『nothing』を使う場合は、先に説明した原級を用いた表現と同じような形になります。

『anything』を使う場合は、比較対象のところに置いて、「他の何よりも~だ」(=「最も~だ」)となります。

『anything』を肯定の意味で使用すると、「全てのもの」という意味になる点には注意しておいてください。

『ever』を使う表現

「これまでで、今までで」という意味の『ever』を使う表現は、過去から現在までの期間の中で一番であることを表すことができます。

まず、最上級の例文を見てみましょう。

【最上級】
Ieyasu was the greatest general (who) ever lived.
(家康は、当代随一の将軍だった。)

『ever』を使った場合、「今までで一番」という日本語訳になります。それを含めて分かりやすいように意訳を行っています。

次に、比較級を用いた書き換え表現を見てみましょう。

【比較級を用いた表現】
Ieyasu was grater than any other general who ever lived.

このように比較級を用いた場合、「今までのどの~よりも」(=「今までで一番~」)となります。

『ever』を使う表現は、少し特殊な表現となりますので、最上級の形も合わせて覚えてきましょう。

また、原級を用いた場合の表現も紹介しておきます。

【原級を用いた表現】
Ieyasu was as great a general as ever lived.
(家康は今までにないほど偉大な将軍だった。)

これは、意味から考えるのは難しい表現ですので、慣用表現として覚えてしまいましょう。

似た表現に「as ~ as ever」がありますが、意味が異なりますので注意して下さい。

【覚えておきたい慣用表現】

「as ~ as ever lived」 「今までにないほど~だ」

「as ~ as ever」 「相変わらず~だ」

非常に似ていてややこしいですが、頑張って一緒に覚えてしまいましょう。

書き換え表現は英作文での多用厳禁!

最上級の書き換え表現は、とても多いことが分かったところで、ワンポイントアドバイスです。

このような書き換えを、文法として『覚えておくこと』は非常に大切ですが、英作文で多用するのはやめておきましょう。

英作文では、読み手に伝わりやすいように簡単な構文を使うことが大切です。

書き換え表現のような難しい表現は使わずに、中学生でもわかる簡単な英作文を作るように心がけると得点アップが期待できますよ。

最上級の修飾

最上級を強調したいときに使う基本的な単語と用法

最上級は比較級と同じように、特定の単語を使うことによって意味を強めることができます。

基本的に「the」の前に置いて強調します。ただし、使用に注意が必要な単語もあるので確認しておきましょう。

『by far』と『much』を用いた強調

『by far』と『much』は、「the」の前に置いて強調します。

どちらも「ずば抜けて、はるかに」という意味になります。

『very』を用いた強調

『very』の使い方には注意が必要です。

上の2つと異なり、『very』は「the」の後ろにおいて強調します。

「まさに、なんといっても」というような意味になります。

この単語を置く位置は、受験生が混乱しやすいところですので、よく出題されます。

しっかりと頭に入れておきましょう。

何番目に大きいかを表す修飾方法

最上級には、何番目に大きいかを表す修飾方法も存在します。

例えば、以下のような例文です。

Money is the second most important thing in my life.
(お金は私の人生において二番目に大切なものだ。)

「the」の後に「second」や「third」を入れることで、何番目かを表現することが出来ます。

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回の記事のポイントは以下の通りです。

  • 最上級構文の基本は、主語 + be + the 最上級 + (in or of) + 比較対象
  • 最上級は、原級や比較級で書き換えが可能
  • 最上級の強調や修飾は、単語を置く位置に注意

最上級の文法だけでも、覚えることはたくさんあります。

一気に覚えようとしても、混乱してしまって逆にわからなくなってしまいます。

なので、この記事を何度も読み返して繰り返し覚えていくことで、一歩ずつ進んで行ってください。

最後までご覧いただき、誠にありがとうございました。

英語カテゴリの最新記事