仮定法の時制を一気に解説!仮定法は意外と簡単!?仮定法の文法名称に惑わされるな!

仮定法の時制を一気に解説!仮定法は意外と簡単!?仮定法の文法名称に惑わされるな!

高校英語で難しい文法の1つである「仮定法」。

その中でも、仮定法の時制は特殊で受験生は混乱しがちです。

そこで、今回の記事では、仮定法の時制について一挙にわかりやすく解説します。

各時制の特徴をしっかりと押さえて、仮定法を完璧にマスターしましょう。

※仮定法の基礎がまだの人は、仮定法の基礎をわかりやすく徹底解説!から読んでみて下さい。

仮定法の時制について

仮定法は、全ての時制で使われます。

それらを日本語では、「仮定法過去・仮定法過去完了・仮定法未来・仮定法現在」と難しい表現をします。

ただ、混乱する原因となりますので、それぞれの名称は覚えなくても大丈夫です。

各時制について解説していきますので、それぞれの特徴をしっかりと押さえてください。

仮定法過去とは

仮定法の基本ルールは、「動詞の時制を1つ前に戻す。」でしたよね?
(詳しくは、仮定法の基礎をわかりやすく徹底解説!を参照して下さい。)

そのため、仮定法では、「現在の状況」から考えて実現が難しいことを『過去形』で表現します。

これが「仮定法過去」です。

「仮定法過去」と言いながら、実際は「現在」の話をしているので混乱してしまいます。

文法名称は覚えなくて大丈夫なので、この「動詞の時制を1つ前に戻すルール」と「仮定法では、現在の話を過去形で表現する」ことをしっかりと押さえておいて下さい。

仮定法過去完了とは

仮定法では、「過去」の話をする場合、時制が1つ前に戻るので『過去完了形』を使って表現します。

これは、完了形と同じような文法構造をとります。

言葉の説明ではわかりにくいと思いますので、後述の「基本文法の解説項目」で例文を使って解説します。

仮定法未来とは

英語では、厳密には「未来形」という時制は存在しません。そのため、「will」などの助動詞を使って表現していたと思います。

そのため、仮定法では、特に実現する可能性が低い「未来」の事柄を、『助動詞の過去形』を用いて表現します。

これを「仮定法未来」と言います。

「仮定法未来」という言葉に引っ張られがちですが、時制の起点はあくまで現在です。

仮定法現在とは

これは、仮定法の中でも特殊な用例となります。

用法には以下の3種類があります。

  • 提案、要求、依頼など特定の動詞のthat節の中で使用する
  • 仮定や不確実な想像を表す場合
  • 願望や祈願などを表す場合(慣用表現として使用する)

「仮定法現在」は不確実性に関して表現する場合に使用して、『動詞の原形』を使います。

ある程度パターンが決まってしまっているので、仮定法とは切り離して個別に暗記することをオススメします。

用法の1つ目である提案、要求、依頼など特定の動詞のthat節の中で使用する」は頻出なので、必ず覚えるようにして下さい。

それ以外は、軽く頭に入れておくだけで大丈夫です。

詳しくは、基本文法の項目で解説していきます。

仮定法の時制を文法の違いから解説

仮定法過去の基本文法

【例文】If I were you, I could do it.
【和訳】もし私があなたなら、それができたのにな。

例文を分解してみると、If節とそれ以外に分解できます。

まず、「現在」の話をしているので、If節内の動詞は『過去形』になります。

ここで注意が必要なのが、be動詞は全てwereになるということです。選択式の文法問題でよく出題されるところなので覚えておきましょう。

また、If節以外に関しては、主語+助動詞の過去形(would、could、should)を使用します。

これが仮定法の一番基本的な構文となりますので、しっかり押さえておきましょう。

仮定法過去完了の基本文法

【例文】If I had been you, I would have done it.
【和訳】もし私があなただったら、それをしていただろうに。

例文では「過去」のもしも話をしているので、仮定法過去完了を使い、『過去完了形』になります。

同様に、If節とそれ以外に分けて、基本構造を見ていきましょう。

まず、If節はhad+過去分詞になっています。

また、If節以外では、助動詞の過去形+have+過去分詞となります。

こちらも「仮定法過去」と同様に基本的な構文となりますので、しっかり覚えましょう。

仮定法未来の基本文法

【例文】If you would join us, we should become powerful.
【和訳】あなたが加わってくれるなら、私たちは強くなれるでしょう。

仮定法では、特に実現する可能性が低い「未来」の事柄を、『助動詞の過去形』を用いて表現します。

If節は、should(shallの過去形)+(動詞の原形) もしくは、would+(動詞の原形) となります。

「should」と「would」の使い分けには、注意が必要です。

■「should」と「would」の使い分け

【should】・・・主語の意志とは無関係に、実現可能性が低いことを表します。

【would】・・・主語の意志を表し、『主語』がどうするかを決めるときに使用します。

例文を使って確認してみましょう。

【例文】If you should pass the exam, please call me.
【和訳】その試験に通ったら、電話を下さい。

試験の合否に関しては、『主語』の意志は全く関係ありません。こういった場合には、「should」を使用します。

また、If節以外は、以下のように場合分けします。

  • if節に「should」を使った場合 ⇨ その他の節は、「would」を使用するか命令文を使用する
  • if節に「would」を使った場合 ⇨ その他の節は、「should」もしくは「shall」を使用する

また、更に実現可能性が低くゼロに近い場合は、If節で『were+to』を使用します。

【例文】If something wrong were to happen to me, this project would be cancelled.
【和訳】何か悪いことが私に起こったら、この計画は終わります。

If節は、were+to+動詞の原形、他の節には、would(should, might)+動詞の原形

を使用することで、非常に実現可能性が低い未来の事柄を表すことができます。

仮定法現在の基本文法

【例文】We requested that he visit here.
【和訳】私たちは彼にここに訪れるよう要望した。

例文を見て、違和感を覚える人は、時制についての勉強が良くできていると思います。

that節内の時制が一致していませんね。

仮定法現在を使う場合は、提案、要求、依頼などを表す動詞that+主語+動詞の原形 を使用します。

提案、要求、依頼などを表す主要な動詞には、以下の動詞が挙げられます。

ask / demand / require / request / desire(要求する)
ask / request (頼む)
order / command(命令する)
propose / suggest (提案する)
advise (忠告する)recommend (勧める)
insist(主張する)decide(決心する)    などなど

これらは、よく文法問題として取り上げられますので、しっかりと押さえておいて下さい。

また、仮定法現在は、例えば「God bless you!(神のお恵みがありますように)」のように、慣用表現で使われる場合もあります。

これらは、仮定法現在とは意識せずに、慣用表現として覚えきってしまったほうが簡単です。

ただ、受験で見かけることはほとんどありませんので、あまり意識しなくても大丈夫でしょう。

特殊な形はそのまま覚えてしまおう

「仮定法現在」のような特殊なパターンが出てきた場合、混乱してしまう受験生も多いのではないでしょうか。

「仮定法現在」は、文法用語としては存在はしていますが、慣用表現のようにあまり意識せずに使っていることも多いです。

慣用的表現には、文法では簡単に説明できない事項や英語特有の言い回しが含まれるため、分かりづらい表現もたくさんあります。

『なぜ?』と疑問を持つことも大切ですが、そこを突き詰めてしまうと、余計な混乱や勉強効率の低下を引き起こしてしまいます。

受験勉強では、『そういうものだ』という素直に受け入れて、勉強を進める方が効率が良い場合が多いです。

特殊な形は、暗記項目としてそのまま覚えると、学習効率がUP!!

仮定法は基本ルールがすべて

仮定法の基本ルールをもう一度確認しておきます。

仮定法では、動詞の時制を1つ前に戻す。

「現在」のことを言う時は『過去形』を使用して、「過去」の話をする時は『過去完了形』を使うのでしたね。

文法の名称は無視して、このルールだけをしっかりと覚えておいて下さい。

そうすれば、仮定法も意外と簡単に感じてくるはずです。

基本的に高校英語の文法は名称を覚えるのではなく、内容を理解することが大事です。

試験で、文法の名称を答えることなんてほとんどありませんよね?

基本内容をしっかりと理解して、自分で使えるようにすることが、英語上達への早道です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回の記事のポイントは以下の通りです。

  • 文法の名称は気にせず、基本ルールと特徴をしっかりと覚える
  • 特殊な用例は、あまり意識せずそのまま覚えてしまった方がよい

仮定法は、受験生が難しいと感じる文法のため、試験にも好んで出題されます。

そのため、しっかりと理解することで英語の得点アップが期待できます。

この記事をしっかりと理解して、仮定法を英語の得点源にしましょう。

最後までご覧いただき誠にありがとうございました。

英語カテゴリの最新記事