【一覧表付き】前置詞の使い方って?前置詞の基礎をコンパクトにまとめました!

【一覧表付き】前置詞の使い方って?前置詞の基礎をコンパクトにまとめました!

前置詞って色々ありすぎて何を使えばわからなくなりませんか?

高校生になると、使わないといけない前置詞が増えて非常に難しく感じますよね。

ワニ塾長

今回の記事では、前置詞の使い方を基礎の基礎から解説するよ!
この記事を読んで、前置詞の使い方をマスターしよう!

英語の前置詞とは

前置詞とは、名詞や名詞句の直前におき、場所や時間などを表す単語です。

日本語の助詞に相当するもので、日本語の助詞にたくさんの種類があるように、英語の前置詞にもたくさんの種類があります。

また、ひとつの前置詞が複数の意味や用法を持ちます。

例えば「on」という前置詞には、「~の上に」という意味と、「特定の日時を表す際に使用する」という用法があります。

実際に例文で確認してみましょう。

【例文①】This bag is on the table.
【和訳①】このカバンはその机の上にある。

【例文②】See you on June 1st.
【和訳②】また6月1日にね。

英語を母国語とする人は、前置詞の使い分けはニュアンスでわかるそうです。

しかし、日本の受験生は、一つ一つの用法をきっちりと覚えていく必要があります。

前置詞の使い方について

前置詞の後には名詞

前置詞をつけられるのは、名詞か名詞句だけです!

以下の例文をご覧ください。

【例文】I’m interested in playing baseball.
【和訳】私は野球をすることに興味がある。

この例文では、動詞を動名詞にすることで、『野球をすること』という名詞句を前置詞の後に持ってきています。

このように、名詞句を前置詞の後に置くというテクニックは、高校英語では良く見られます。

前置詞が必要or不要の判断はどうするの?

前置詞が必要か不要かの判断ポイントは、動詞が自動詞かどうかです。

動詞が自動詞の場合、前置詞が必要になる可能性はとても高いです。

例文で確認してみましょう。

【例文①】I swim in the river.
【和訳①】私はその川で泳ぐ。

【例文②】I go to the river.
【和訳②】私はその川に行く。

【例文③】I arrive at the river.
【和訳③】私はその川に到着する。

このように、自動詞には、ほとんどの場合に前置詞が付くことになります。

また、『動詞+前置詞』という形で、熟語として覚えてしまうという方法もあります。

【例文④】I listen to music.
【和訳④】私は音楽を聞く。

この例文の自動詞『listen』の場合、「~を聴く」=「listen to ~」と覚えてしまうと簡単です。

このように、頻出の自動詞は、前置詞とセットで覚えてしまいましょう!

主要な前置詞について

主要な前置詞を一覧表にまとめました!

よく使われる意味のみを載せていますが、ほかの意味や用法をもつ前置詞がほとんどです。

そのため、英語の学習を進めていく中で、新しい用法に出会った時に覚えていくようにしましょう。

前置詞 意味① 意味②
in ~の中に (時間に対して)~中に
on ~の上に (特定の日付)に
about ~について 大体
at (場所)で (目標)を狙って
for ~のために ~に対して
of ~の (A of Bで)BというA(同格表現)
into ~の中に (行動を強制する単語を使って)~の状態にする
to ~へ (比較する動詞を伴って)~に対して、~より
around ~の周りに
with ~と一緒に ~に賛成

前置詞は、ある程度イメージで把握しておくことも大切です。

イメージを持っておけば、知らない用法に出会ったときに、ある程度意味を予想することができるときもありますよ。

間違いやすい前置詞の使い分け

使い分けが難しく、受験生が良く間違える前置詞は、『at』と『in』です。

『at』は、明確に決まったある点を指し示す場合に使用されます。
一方で、『in』は、ある程度の幅がある場合に使用されます。

例文で確認してみましょう。

【例文①】I’m in Japan.
【和訳①】私は日本にいるよ

【例文②】I’m at home.
【和訳②】私は家にいるよ

このように、前置詞『at』は、例文②のように明確な場所を示す場合に使用します。

例文①では、「日本」ということだけが分かっており、範囲が広くて漠然としていますよね。

ワンポイントアドバイス

前置詞のニュアンスをくみ取るのは、ネイティブでなければ難しいです。

そのため、大学受験レベルでは、動詞とセットで覚えきってしまう方が、確実に効率が良いです。

例えば、【「depend on」「rely on」「lean on」など、『~に頼る』という意味で使う単語には「on」が付く】と関連づけて覚えると効率的です。

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回の記事のポイントは以下の通りです。

  • 前置詞が付けらえるのは、名詞か名詞句
  • 自動詞には前置詞が付く可能性大
  • 前置詞は動詞とセットで暗記してしまった方が効率がいい

前置詞のニュアンスを理解することは、外国人が日本語の助詞を理解するのと同じくらい難しいことです。

そのため、受験レベルでは、まず暗記を徹底することをおすすめします。

最後までご覧いただき誠にありがとうございました。

英語カテゴリの最新記事