分詞って何?例文とパターン分けで分かりやすく解説します!

分詞って何?例文とパターン分けで分かりやすく解説します!

「分詞」は、高校の英語文法の中でも結構難しいところですよね。

しかし、それだけに入試で頻出なのも事実です。

分詞がわかるようになれば、英語の幅がぐっと広がります!

是非この記事で分詞を読むコツをつかんでください!

分詞とは

「分詞」は、動詞から生まれたもので、その意味や特徴を保ったまま形容詞や副詞という他の品詞の働きをします……といっても、ちょっとわかりづらいと思うので、

「形容詞や副詞になるために、動詞から分かれてできた詞!」ととりあえずは覚えておいてください。

分詞には2種類あります。

・現在分詞
・過去分詞

ここで勘違いしないようにしてもらいたいことがあります!

「現在分詞」と「過去分詞」という名前についている「現在」「過去」という言葉は、時制の「現在」と「過去」とは全く関係ありません。

そもそも分詞は動詞ではないので、時制の変化の影響を受けません。

そこはきっちりと抑えておいてください。

それでは、まず2種類の分詞の基本をつかんでおきましょう。

現在分詞の基本

現在分詞は、動詞に『~ing』をつけることで出来上がります。

進行形を作るときと同じです。

現在分詞は、以下の2つの意味を表します。

・「~する」というような能動(何かに働きかける、受動と反対の概念)の意味
・「~している」というような進行中の動作の意味

過去分詞の基本

過去分詞は、動詞に『~ed』をつけることで出来上がります。

ただし、不規則変化の動詞では『~ed』が付かないときもあります。

これは、受身の文を作るときと同じですね。

過去分詞は、以下の2つの意味を表します。・・・

・「~された、されている」というような受動の意味
・「~てしまった」というような完了の意味

しかし、完了の意味で過去分詞が使われることはまれです。

とりあえずは、受動の方の意味を覚えておけば大丈夫です。

分詞で名詞を修飾する

先ほど、分詞は形容詞か副詞であるとお伝えしましたね。

ここからは、分詞が『形容詞』になっている場合のことを詳しく解説していきたいと思います。

※分詞が副詞になる場合については、「分詞構文」の記事 を参照してみてくださいね。

さて、分詞が形容詞として働く場合、おもに

・名詞を修飾するパターン
・C(補語)になるパターン

の二つのパターンがあります。

まずは、名詞を修飾するパターンについて見ていきましょう。

現在分詞(句)での名詞の修飾

例文を見ていきましょう。

【例文】I added some salt into boiling water.
【和訳】私は沸騰しているお湯にいくらか塩を加えた。

「boiling」が「沸騰している」という意味になって、形容詞のように「water」を修飾していますね。

他の例文も見てみましょう。

【例文】I climbed Mt. Fuji and saw the rising sun.
【和訳】私は富士山に登り、登る太陽を見た。

「登る太陽」は「朝日」と訳した方がいいかもしれませんね。

ここでも、「rising」が「登っている、上がっている」という意味になって、「sun」を修飾しています。

現在分詞から始まる2語以上の句が、形容詞のように名詞を修飾することもあります。

このときは、現在分詞を含む句は、修飾したい名詞の後ろに来ます

【例文】In front of the station, people waiting a taxi made a long line.
【和訳】駅の前では、タクシーを待つ人々が長い列を作っていた。)

この場合、「waiting a taxi」が「タクシーを待つ」となって、形容詞のように名詞「people」を修飾しています。

このときに「waiting a taxi」というまとまりをバラバラにしないように注意してください。

「people waiting a taxi made a long line」は、『people were waiting a taxi』と『people made a long line』 の意味が合わさってできた表現です。

このまとまりを崩さないようにしましょう。

過去分詞(句)での名詞の修飾

例文を見ましょう。

【例文】The detective found the stolen jewelry.
【和訳】探偵は盗まれた宝石を見つけた。

「stolen」が「盗まれた」という意味になって、「jewelry」を修飾していますね。

過去分詞も同じく、2語以上の句が名詞を修飾するときは、修飾したい名詞の後ろに来ます

【例文】The language spoken in this company is English.
【和訳】この会社で話されている言語は英語です。

「spoken in this company」 が「language」 を修飾しています。

分詞がC(補語)になるとき

先ほど言ったように、分詞は『補語』になるときもあります。

SVC の C(補語) になる

これも例文を見ていきましょう。

【例文】Although the rain started to falling, he kept running.
【和訳】雨が降り始めたが、彼は走り続けた。

「He kept running」が SVC の文型になっています。

このときのVは、be動詞におきかえても意味が成り立つことが特徴です。

過去分詞も同じく補語になります。

【例文】This room remains locked.
【和訳】その部屋はカギがかけられたままだ。

SVOC の C(補語) になる

① Vが知覚動詞の場合

知覚動詞とは、『hear, see, feel, watch』など五感に関わる動詞です。

例文を見てみましょう。

【例文】I heard a baby crying.
【和訳】私は赤ちゃんが泣いているのを聞いた。

【例文】I heard my name called.
【和訳】私は自分の名前が呼ばれるのを聞いた。

このとき、目的語Oとの間に、現在分詞の時は「Oが~する、している」、過去分詞の時は「Oが~される」の関係が成り立ちます。

② Vが使役動詞の場合

使役動詞とは、『make, let, get ,have』などの動詞でしたね。

【例文】 I want to get my work finished by nine.
【和訳】9時までに私の仕事を終わらせたい。

「Oが~される」の関係が、使役動詞の場合にも成り立っていることがわかります。

③ Vが知覚動詞でも使役動詞でもない場合

【例文】He always makes us laughing.
【和訳】彼はいつでも私たちを笑わせてくれる。

この場合も、「Oが~する」という関係が成り立っていることがわかります。

細かく分類して解説しましたが、あくまでもどの場合も分詞は形容詞と同じように扱われています。

用法は形容詞と同じ、と覚えておけばまず間違いありません。

2語以上で名詞を修飾する場合のみ、名詞の後ろに来るだけです。

基本的には形容詞と同じなのです。

まとめ

この記事のポイントです。

・分詞には現在分詞と過去分詞がある
・現在分詞は「~している」、「~する」といった意味を表す
・過去分詞は「~された」という意味を表す
・名詞を修飾するときには、分詞は基本的に形容詞と同じ働きをする

いかがでしたか?

分詞はあまり日本語にはなじみの無い概念なので、苦労するかもしれません……

しかし、順序立てて一つずつ理解していけば必ずマスターできますよ!

英語カテゴリの最新記事