英語の副詞を簡単理解!副詞はココを押さえておこう!

英語の副詞を簡単理解!副詞はココを押さえておこう!

英語の『副詞』は、動詞の前についたり、文末についたり…厄介な品詞ですよね。

そこで、受験生を悩ませる『副詞』について簡潔にまとめました!

ワニ塾長

この記事を読むと、副詞の使い方がスッキリと理解できるはずです!
ぜひ最後までご覧ください!

英語の副詞とは

『副詞』は、簡単に言うと、時や場所、程度や頻度などを表す単語です。

例えば「often」という副詞は、「しばしば・たいてい」といった意味で使われ、程度や頻度を表していますよね。

次に、副詞の特徴を軽く押さえておきましょう。

  • 副詞は基本的に名詞以外を修飾する。
  • さらに文全体を修飾することもできる
  • 置く位置も自由自在に変更することができる(ただし、ルールはありますよ!)

見分け方は単純で、名詞、動詞、形容詞に当てはまらなければ全て副詞であると考えてしまいましょう。

副詞の使い方や置く位置

副詞の使い方について

先ほどもお伝えしたように、副詞は時や場所、程度や頻度などを表す場合に使用されます。

例文で確認してみましょう!
※副詞を太文字にしています

【例文①】Unfortunately, he went there.
【和訳①】不幸にも彼は行ってしまった。

【例文②】I can play baseball well.
【和訳②】私は野球を上手くすることができる。

【例文③】I often go to the zoo.
【和訳③】私はよくその動物園に行く。

以上の例文のように、副詞を置く位置は様々に切り替わります。

そのため、単語の位置から副詞かどうかを判断することは難しいです。

副詞を置く位置について

副詞の位置は様々に切り替わるため、非常に厄介に感じますよね。

しかし、副詞には一定のルールが存在します。

副詞は、大まかなに分けると、4つに区分されます。

実際に例文で確認していきましょう。

【例文】日時
I came back home yesterday.(私は昨日家に帰った。)

【例文】様態
I can play baseball well.(私は野球を上手くすることができる。)

【例文】頻度・程度
I often go to the zoo.(私はよくその動物園に行く。)

【例文】評価
Unfortunately, he went there.(不幸にも彼は行ってしまった。)

副詞を置く位置は、これらの区分によって決まります。

『日時・場所』『様態』は、文の最後

『頻度・程度』は、修飾したい単語の直前(※例外あり)

『結果』は、文の頭

このように分類すると、簡単に副詞の位置を絞り込めるようになります。

『頻度・程度』の副詞には、特殊ルールが存在します。
基本的には、修飾したい単語の直前に置きます。

ただし、注意が必要なのは『be動詞』と『助動詞』を修飾する時です。

『be動詞』と『助動詞』を修飾したいときには、これらの単語の後ろに置くということを覚えておきましょう。

副詞と形容詞の違いについて

『形容詞』は、名詞を修飾する場合に使用します。
一方、『副詞』は基本的に名詞以外を修飾します。

また、どちらにも共通して、その単語がなくても英文の意味が通るという共通点があります。

形容詞は非常に見分けがつきやすく、名詞を修飾していたら形容詞であると考えて大丈夫です。

主要な副詞一覧表

主要な副詞の一覧表をまとめました。

副詞の区分と位置を合わせて覚えると効率的ですよ!

分類 単語 意味
日時・場所・様態
yesterday 昨日(は)
fast 早く
seriously 真剣に
home 家に
tomorrow 明日(は)
頻度・程度
always いつも
often たいてい、しばしば
sometimes ときどき
結果
unfortunately 不幸にも
consequently 結果的に
finally 最終的に

英作文のワンポイントアドバイス

英作文を作るとき、副詞の扱いに困った時には、まずは副詞を無視して基本構文を作ってみてください。

英文では、副詞や形容詞といった『修飾する単語』が無くても、基本的に意味が通ることが多いです。

そのため、副詞や形容詞を無視して英作文をしても、大筋の意味を表現することができます。

もし、副詞が思いつかなくても、英文の基本構造が出来ていれば、減点も少なくなります。

完璧に英文を作ることができたら理想ですが、副詞ひとつに時間をとられ過ぎてしまうことには要注意ですよ。

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回の記事のポイントは、以下の通りです。

  • 副詞は形容詞以外の全ての修飾する単語を指す
  • 副詞の区分によって副詞の位置が変わってくる
  • 副詞や形容詞がなくても英文は成り立つ

副詞の使い方はわかっても、置き場所に困るという受験生をたくさん見てきました。

是非この記事を見て、点数アップにつなげてください!

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

英語カテゴリの最新記事